トップ  >  チャレンジ一覧  >  冬至の夜にキャンドルナイトを楽しもう

みんなの最新チャレンジ

チャレンジ詳細

過去のチャレンジテーマ

獲得ポイント 0 point

家族生活冬至の夜にキャンドルナイトを楽しもう

停電すらめったに起こらなくなった現代の都会では、照明のないところにいる時間はほとんどないかもしれません。

だからこそ、一度当たり前になっている照明を消して、ご家族で、ご友人と一緒にキャンドルの光で夜をすごしてみましょう。

CO2削減になるだけでなく、照明のありがたさや、過剰に依存していることに気付くかもしれません。

今年の冬至は12月22日。

冬至の夜にキャンドルナイトを楽しんでみましょう。

全国各地でもキャンドルナイトにまつわるイベントが行われていますので、
多くの人とキャンドルナイトを体験してみましょう。

成功条件

照明を消して、ろうそくの明かりで過ごしてみましょう。

そのときの写真や、感想、感じたことを皆さんと共有しましょう。

最低実行期間(※)

1日
※最低実行期間とは、チャレンジを表明してから成功や失敗を報告するまでの最低期間です。時間を必要とする課題には最低実行期間が設定されています。

受付期間

2013年12月11日~2014年01月31日

チャレンジ期間

2013年12月11日~2014年01月31日

  • チャレンジID 271

3人チャレンジ表明 2人が成功しています

新着コメント一覧

チャレンジ参加者 3

  • ずんだ

    チャレンジ成功

    冬至の22日から今朝まで、
    ローソク照明で生活してみました。
    使ったのは24時間もつローソクで、
    まだ半分位残っているので、もう少し続けてみます。

    最初の印象は、案外明るい、でした。

    今年の夏に、乾電池照明だけの、
    暗い状態で何ヶ月か生活した経験と、
    ローソクの明るさには期待していなかったからです。

    せっかくの火なので、
    無暖房の寒さを和らげるよう手を温めたり、
    ”スルメ”を焼いて、飲みながらチビチビ食べて、
    楽しみました。

    ローソクは、
    ロバスト性に優れ、給油等のメンテナンスフリーで、
    長期保存が可能なので、魅力があります。

    今回のチャンレンジで、結構使える事が分かって、
    値段は高くもなく、面白いので、
    もっと遊んでみようと思います。

    ローソクに火をつけるのは、
    1日に何回もするので、遊ぶ課題の一つに相応しい。

    最近になって、また、”着火”の手段について、
    色々調達して試したり、工夫したりしていたので、
    このチャレンジは、丁度よいタイミングでした。

    興味が尽きません。

    コメント(2)  コメントする

  • たんたん

    チャレンジ成功

    電気を消して、フィギュアスケートをみていました。
    テレビの明かりだけでも、十分すごせます。
    しっとりしたいときには、いいみたいです。

    コメント(2)  コメントする

  • Norara

    チャレンジ開始

    当日忘れることが多いので、カレンダーにマルしときます~

    コメント(1)  コメントする

CO2排出量

みんなの
月間平均CO2排出量

0kg

みんなの
前年月間平均CO2排出量

0kg