トップ  >  チャレンジ一覧  >  エコなお湯の沸かし方を極めよう

みんなの最新チャレンジ

チャレンジ詳細

過去のチャレンジテーマ

獲得ポイント 0 point

炊事エコなお湯の沸かし方を極めよう

お湯の沸かし方を極める

「お湯の沸かし方」に気を使ったことがありますか?

お湯を作るにはいろんな方法がありますが、ほとんど無意識にポットに適当にお水を入れて、コンロや電気ポットでお湯を沸かしていませんか?

同じ100℃のお湯を作るだけなのに、ガスコンロ、IHヒーター、電気ポット、電気ケトル、電子レンジ。。他にもいろんな方法があります。

少し工夫することで、エコなお湯の沸かし方ができるんですよ。


ガスでお湯を作るとしたら、どれだけのガスが必要かというと、次の式で計算できます。

ガス消費量(m3) = (100℃-水温) × 水量 ÷ (熱効率 × 10750)

電気でお湯を作るとすると、必要な電気量は次の式で計算できます。

消費電力量(kWh) = (100℃-水温) × 水量 ÷ (熱効率 × 864)


どちらがエコかということを比較するのに、CO2排出量で比較するなら、ガス消費量に2.21(kg-CO2/m3)を、電力消費量に0.555(kg-CO2/kWh) をかければ計算できます。

ガスでお湯を沸かしたときの二酸化炭素排出量

二酸化炭素排出量(kg) =  (100℃-水温) × 水量 ÷ (熱効率 × 10750)× 2.21

電気でお湯を沸かしたときの二酸化炭素排出量

二酸化炭素排出量(kg) =  (100℃-水温) × 水量 ÷ (熱効率 × 864)× 0.555


難しい式はおいておいたとしても、エコなお湯の沸かし方のコツは、
水温の高いお水を使う
使う分だけ沸かす(沸かす量を少なくする)
熱効率の高い湯沸し機器を使う

という3つのポイントをうまく利用することです。


あなたなりのエコなお湯の沸かし方を考えて実践してみましょう!

成功条件


今お湯をどうやって沸かしていますか?

今よりも省エネで二酸化炭素排出の少ないお湯の沸かし方を考えてみましょう。

面白い方法が浮かんだらみんなで共有しましょう!

最低実行期間(※)

1日
※最低実行期間とは、チャレンジを表明してから成功や失敗を報告するまでの最低期間です。時間を必要とする課題には最低実行期間が設定されています。

受付期間

2009年01月21日~2015年12月31日

チャレンジ期間

2009年01月21日~2015年12月31日

  • チャレンジID 38

37人チャレンジ表明 30人が成功しています

新着コメント一覧

チャレンジ参加者 37

≫すべてのコメント

  • ろっこ

    チャレンジ成功

    普段の湯沸しはもちろん、食事の準備の時もまずはじめにやかんや鍋に水を入れてから料理に取り掛かります。
    コンロの空スペースにやかんを置いておくだけで結構暖かくなっていました。
    湯沸し時間の違いを確実に実感できました。
    成功しました。

    コメント(3)  コメントする

  • ECOばば

    チャレンジ開始

    無意識に生活しておりましたが、使う分のみということでチャレンジしてみます。

    コメント(1)  コメントする

  • ぷうぴい

    チャレンジ成功

    朝は一人分のコーヒーのお湯を沸かすだけなので電子レンジでしています。夜は必要なだけ沸かし小さな水筒にいれています。またお風呂をたいたあと、スイッチを切っても少しの間温かいお湯が出るのでそれを使います。

    コメント(2)  コメントする

  • etomo

    チャレンジ失敗

    報告漏れです(-_-;)
    後日機会があれば報告します。

    コメント(2)  コメントする

  • なおともだい

    チャレンジ成功

    これまでは,3リットルの魔法瓶機能付きのポットを利用し,使うたびに水を補給して使用していました。 2階に眠っていた0.8リットルのティファールを下ろして来て,なるべくお湯を使うたびに使う分だけ沸かすようにしました。 必要量だけだと沸くのも早いので,概ね好評です。

    コメント(2)  コメントする

  • 舞夢

    チャレンジ開始

    今は、やかんいっぱいに水をいれて、沸騰するまで強火で放ったらかしです。
    一度に大量に沸かして大きめの水筒をポットがわりに湯を入れているので
    一日に沸かす回数は2~4回くらい。
    室温になるまで置いておいてから火にかけるなどの工夫をしていきたいと思います

    コメント(1)  コメントする

  • たんたん

    チャレンジ成功

    CO2排出量やガス消費量は水温で左右されることから、
    沸かす前に室温に戻しておくことにしました。
    夏の間は冷水でお茶を入れていたのですが、ようやく暑さが解消されたので、
    温かいお茶を飲むことにしたのですが、
    冷蔵庫の中にある浄水ポットから出してすぐではなく、前もって室温に戻しておくと、
    少し水温が上がって、沸騰するまでの時間が短くなる、すなわちCO2排出量やガス消費量が減ることになる。ほんのわずかなことのように思いますが、毎日のことなので、
    「ちりも積もれば山となる」です。

    コメント(2)  コメントする

  • 守君

    チャレンジ成功

    1年中を通して、お湯を沸かす人間活動はお風呂の給湯が圧倒的にシェアが高いと思います。昨年から使用し始めた太陽熱温水器は、1日の日照時間がこの時期10時間を越えると、温水1:水道水3でも水温は40℃を越えます。自然循環型なので、エネルギーはなしです。LCA的にも最もエコな設備といえると思います。昨年のガス使用量は、1日当り導入前に比べて約3.5分の1に減りました。かなり効果的なツールと言えます。いまでは、環境NGOがメーカーにOEM生産していて、本体価格で10万円を切るものもあるようです。今年も6月の使用分から効果が顕著に現れてきています。
    これをもって成功としたいです。

    コメント(2)  コメントする

  • カンチャン

    チャレンジ開始

    エコなお湯の沸かし方に加えて、エコなお湯の保温の仕方にチャレンジします!

    コメント(1)  コメントする

  • 環境調律士

    チャレンジ成功

    太陽光は1㎡で1kWのエネルギー密度を持っていますから、集光型太陽熱調理機を利用すれば、たったO.3㎡のレンズ径でも20分で0.7ℓ・20℃の水を沸騰させることが出来ます。曇りの日の分のエネルギーは晴れているうちに太陽電池で貯めるという、太陽光の賢い使い分け方も出来ますね。曇りの日でも太陽の輻射熱は地表まで届いているので、沸かす前に水を温めて沸騰までの所要時間を短縮するなど、CO2を一切発生させない太陽光はもっと有効に活用したいですね。

    コメント(2)  コメントする

≫すべてのコメント

CO2排出量

みんなの
月間平均CO2排出量

0kg

みんなの
前年月間平均CO2排出量

0kg