トップ  >  環境家計簿

エコチャレ環境家計簿ヘルプ

環境家計簿とは、通常の家計簿が入出金を管理するように、温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出量を管理する家計簿のことです。
環境家計簿を使えば、毎月の電気やガスの消費量を入力することで、あなたの二酸化炭素の排出量を計算することができます。

あなたのCO2排出量を見える化するツール、それが「エコチャレ環境家計簿」です。

やり方はカンタン!

毎月の電気やガスなどの領収書をみて、エネルギー消費量を入力するだけ。

光熱費を家計簿に入力するように、エコチャレ家計簿に入力するだけで、毎月のCO2排出量をグラフ表示し、過去のCO2排出量と比較することができます。

エコチャレ環境家計簿の使い方

1.環境家計簿を開く
2.エネルギー使用量を入力する
3.CO2排出量グラフを見る
4.他の人と比べる

1.環境家計簿を開く

トップメニューの「環境家計簿」タブをクリックしてください。

 エコチャレ環境家計簿メニュー

ログインが必要になります。まだ会員登録をされていなければ、会員登録を行ってください。
エコチャレ会員登録

2.エネルギー使用量を入力する

「環境家計簿」の画面は下のようになっています。

 エコチャレ環境家計簿画面

電気やガスなどの使用量を入力するには、「環境家計簿を入力」リンクをクリックします。

 エコチャレ環境家計簿画面

(1)世帯人数の登録

最初に入力する前に、世帯人数の登録を行ってください。一度登録すれば世帯人数の値は保存されます。

 世帯人数の登録

エネルギー使用量の入力画面は先月分が初期表示されます。過去のエネルギー使用量を入力するときには、年月を選択してください。

 入力年月の設定

(2)データの入力

電気やガスの「使用量のお知らせ」を手元におきます。

各項目ごとに、使用日数と、使用量を入力します。

 使用量のお知らせ  入力フォーム

金額欄は入力必須ではありません。記録用としてご利用いただけます。

入力できる項目をすべて入力したら、下のステータス欄から「完了」を選んで、右の「入力値を保存する」ボタンをクリックしてください。

 ステータスの選択

なお、電気は入力したが、ガスはまだ入力していないなどといった不完全な状態の時には、ステータスを「入力中」にすることで、一時保存ができます。

ただしこの場合には、CO2排出量は不完全として計算しませんので、ご注意ください。

CO2排出量が確定させたいときに「完了」ステータスとしてください。

エコチャレ環境家計簿では2000年まで遡ってデータ入力ができます。 各月の入力ごとにポイントが獲得できますので、過去の使用量も入力してください。

入力が完了すると、「入力が完了しました。」と表示されますので、グラフ表示に画面を切り替えます。

 エネルギー使用量データ入力の完了

(3)保存されたデータの変更

一度保存したデータの変更も可能です。入力画面で変更したい年月を選択し、データを変更してください。

カーボンオフセット商品やグリーン電力証書などを購入して、CO2排出量を減らしたときには、「カーボンオフセット」にマイナスの数値を入力することで、合計CO2排出量からオフセットしたCO2排出量を減らすことができます。
入力項目の「カーボンフットプリント商品」には、CO2排出量がわかる商品を買ったときに表示されているCO2排出量を記入してください。
「その他」にはCO2排出量がわかるその他の項目に使います。たとえば、ごみの廃棄や、新居の建設などです。
カーボンオフセットの入力

3.CO2排出量グラフを見る

「CO2排出量を見る」リンクをクリックすると、保存されたデータがわかりやすく表示されます。

(1)CO2排出量や削減率の表示

上部のボックスに表示されるのは、先月のCO2排出量と、過去のCO2排出量との比較です。過去と比べて先月のCO2排出量が増減している場合には、削減率が表示されます。

また、一年間の累積CO2排出量も表示されます。昨年のCO2排出量合計も表示されますので、今後のCO2削減計画に役立ちます。

 CO2排出量数値の表示

(2)グラフ表示

保存されたデータから計算されたCO2排出量をグラフでわかりやすく表示されています。

CO2排出量遷移グラフ

このグラフでは、次のことがわかります。

  • 月別のCO2排出量の推移がわかります。(季節によってどう変わるか)
  • エネルギー別のCO2排出量の割合がわかります。(何がCO2排出量の多くを占めているか)
  • 昨年度のCO2排出量が線グラフで表示されますので、前年実績と比較ができます。
エコチャレ環境家計簿で用いるCO2排出係数について
エコチャレ環境家計簿では独自の計算方法で公正なCO2排出量を求めています。一般にCO2排出量は、エネルギー使用量にCO2排出係数を乗じて計算します。
CO2排出係数はご利用の電力会社やガス事業者、水道事業者によって異なります。
エコチャレでは各都道府県ごとに、公開されている排出係数の中から適正と考えられる係数を利用しています。
エコチャレ環境家計簿における使用日数の考え方について
電力やガスなどの各エネルギー供給事業者からの使用明細でわかるように、毎月異なる使用日数ごとの使用量が記載されています。
これは、メーター確認周期の違いや引越などのタイミング、一時利用停止などの影響です。
エコチャレでは前月や前年同月比較、また他の参加者とのCO2排出量比較をできるだけ同じ条件下のもとでできるように、入力された使用日数から毎月の日数(30日など)に換算しております。このため正確なCO2排出量と異なる数値が表示されることがあります。
どうしても正確な数値を表示させたい場合には、使用日数を「30」日などその月の日数でご入力ください。30日換算を行わずに表示されるようになります。

4.他の人と比べる

「CO2排出量を見る」画面の上部で、エコチャレ環境家計簿に参加している方々とのCO2排出量の比較ができます。

「他の参加者と比べる」では、次のことがわかります。

CO2排出量遷移グラフ
  • CO2排出量の少ない順でのあなたの順位がわかります。
  • 参加者の平均CO2排出量がわかります。
  • 前月比較でのCO2削減率の多い順にランキング表示されます。
  • 前年同月比較でのCO2削減率の多い順にランキング表示されます。

「同一世帯で比べる」では、あなたと同じ世帯人数の参加者の中での順位やランキングが表示されます。

まずは、同一世帯の中でランキング上位を狙ってみるのもいいのではないでしょうか?



注目ニュース